2015年03月02日

兵庫医科大学病院

大学病院です。病院というより、オフィスビルみたいです。でも、実は私の家からかなり近い。受診したのは2014年7月。

手術をした病院からコピーしてもらったMRIをもって、中山寛先生を訪ねました。わたしのほうは、先生のブログを読んでいたので、はじめてお会いする感じがしませんが「はじめまして」です。

レントゲンを撮ってX脚であることの説明を受けます。MRIの画像から、以前は「骨挫傷」があったとのこと。骨に小さい傷がたくさん入っていて炎症をおこしている?骨折の手前?というものらしい(きちんと説明できてるかな?)です。

外側の半月板を痛めて、傷んだ半月板を切除すると、さらに外反が進んで、さらに膝が痛くなる…。そんな負のスパイラルが起こるそうです。そうなんだ…。

足底板を使っているならそれを継続して、筋力をつけるリハビリをして、ヒアルロン酸の注射をしてみてください。(←いまの主治医にしてもらう) とのことでした。それでも痛みがあるようなら「骨切り術」という手術があります、とのこと。その手術なら先生のブログを読んで知っていました。脛骨に斜めに切込をいれて、骨の替りになるものをはさんで、金属で固定して、変形のある膝を真っ直ぐにする手術です。ただ私場合はO脚ではなくX脚なので、大腿骨で骨きりするらしいです。痛そう…。

今までのいくつかの病院で「様子を見てください」と言われたのと違って、とても具体的。わたしがやるべきっことが、よくわかりました。痛みがひかない場合の話もしていただいて、すごく安心。

ところが、先生は9月から翌年2月まで留学されるとの待合室での張り紙を発見。あらら…。何かあっても、2月までは、がんばろうとのことですね。

  ポチッとお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ ひざ痛・足首痛へ
にほんブログ村

jasumine3939 at 10:21|PermalinkComments(0)変形性膝関節症 

2015年02月28日

半月板切除術

結局、両膝とも関節鏡で手術を受けました。どちらも、切除です。

右膝のほうがひどくって、切除した部分も多く、脛骨と大腿骨の軟骨まで少しはがれていたとのことでした。なので、右足は足の内側に重心が行くように、外側が少し盛り上がった靴底(足底板)を装具屋さんにオーダーして使うようになりました。これから痛みが出るのを防ぐためらしいです。

スポーツ専門医という看板があったにもかかわらず、先生は外側半月板損傷には不慣れなようで。リハビリにも、外側半月板損傷の患者さんははじめてきてるとのことで。このへんから、病院間違えたかなあとか考えるようになりました。遅いですよね。

退院してから、手術自体の痛みはやがてひきました。でも「痛い」。なんでだろう。やっぱり外側がピリピリと痛い。手術から2ヶ月後に再度MRIを撮りましたが、先生は「前あった炎症はひいているし、治ってますよ?」とのこと。じゃあなんで痛いんよ???

思い切って、以前見たブログの兵庫医科大学病院の中山寛先生にメールしました。「なんで痛くなっているのかわかりません」と。すると、MRIの画像をもってきてくださいとのありがたいお返事が!先生の勤務先は大学病院です。敷居が高いです。ドキドキします。 大学病院って、わたしよりもっと症状が重い人がいくところじゃないんかな。迷惑じゃないかな。いろいろ考えましたが、今のままでいるのも不安で、思い切って病院に訪ねていくことにしました。

ポチッとお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ ひざ痛・足首痛へ
にほんブログ村

jasumine3939 at 09:51|PermalinkComments(0)変形性膝関節症 

2015年02月27日

再び総合病院を受診…。

仕事をしていると、休みをとって病院に行くって、ハードル高いです。診察、MRI、そして診察。2、3日は休み、もしくは半休をとらなければならなくて。

何回目かに膝が痛くなったとき、ちょうど旦那がかかっていた総合病院に診断書をもらいにいったりして行く機会がありました。そこは個人経営の総合病院で、夜診もやってます。

ある日ふと「ここで診てもらおうかな?」と思い、夜でしたが初診ができるかどうか受付で聞いたところ、大丈夫ですよとのこと。その日に受診しました。膝蓋骨脱臼の手術をしたことや、今の痛みを話すとまずレントゲン。「手術もしていることだし、MRI撮りましょうか」とのことでした。まあ、いつもの流れかな。

この病院が便利だったのは、夜でもMRIの予約ができること。ほんとうに、便利。病院を便利だけで選んだらいけないんですが、便利ということでハードルはかなり低くなります。

MRIの結果を見て先生は「関節鏡で手術をしたほうがいいですよ」とおっしゃいました。「半月板の外側が傷んでいる場合は、血行があるので縫合します。血行がないところだったら、切除します」とのことでした。切除!この時はそれがどういうことか深く考えられず…。 

旦那とも相談しました。ネットでもいろいろ調べました。

この先生は手術を任せて大丈夫なんだろうか?という疑問もありましたが「日本整形外科学会認定スポーツ医」という肩書きがあること、ネットのある記事に「半月板の手術などは、どんな医者でも大丈夫」みたいなことが書かれていたことで、大丈夫だろうと判断した、してしまいました。

実はのちのちお世話になる、兵庫医科大学病院の中山寛先生のブログも読んでいました。そのブログによると「極力半月板の切除だけは避けなければならない」といった旨をかかれていたのですが、わたしは大丈夫だろうってスルーしてしまっていました。これは、後悔しています。

でも、いろんな情報をとって積極的に他の病院を受診できるほど、毎日に余裕があるわけではなく。仕事してへとへとで、膝もいたいし、手っ取り早くなんとかしたい。

結局、わたしは目の前にあった病院にすがりすいてしまったのですね。(22才の別れふう)便利というのは、ある意味目くらましみたいです。 

ポチッとお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ ひざ痛・足首痛へ
にほんブログ村

jasumine3939 at 10:24|PermalinkComments(0)変形性膝関節症 
ギャラリー
  • 軟骨の再生。
  • 軟骨の再生。
  • ちょっと、閲覧注意かも(;^_^A術後5日目です。
  • ちょっと、閲覧注意かも(;^_^A術後5日目です。
  • ちょっと、閲覧注意かも(;^_^A術後5日目です。
  • ちょっと、閲覧注意かも(;^_^A術後5日目です。
  • 術後2日目。
  • 術後2日目。
  • 兵庫医科大学病院、三度目の入院です( ´∀` )