2015年02月23日

退院してから。

そういえば手術の後に主治医が「膝の軟骨がずいぶん傷ついていたから、年をとったら膝が必ずいたくなるよ。覚悟しておいて」と言っていたなあ。年をとったらって、いくつくらいのことなんかな、まあそんなに長生きするとも限らないし、なんてさらっと流していました。

走ることもできるようになり、スキーにも行ってみて、もう普通な感じで。

手術後20年くらいは、がんがん膝を使っていました。ジムで走る、エアロビクスする、ダンベル持ち上げる、ヨガとかピラティスしたり。運動を始めた頃は、やっぱり手術した膝が痛かったけど、鍛えているうちに痛くなくなったように思います。調子にのって、またがんがん使ってました。

仕事は主に外回りの営業。歩くわなあ。あと、障がい児の介助をする仕事もしました。子どもを床からヨイショと持ち上げたりして。まあ、酷使していたといっても過言ではないか。

そして、少しずつまた、膝が痛くなってきたのでした。とほほ。

  ポチッとお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ ひざ痛・足首痛へ
にほんブログ村

jasumine3939 at 17:23|PermalinkComments(0)変形性膝関節症 

2015年02月20日

膝蓋骨脱臼、手術を受けました。

ということで、膝のお皿の脱臼を防ぐための手術を受けました。わたしが受けた手術の他にも今では他の方法もあるようですが、なんせ20年前のことなので…。

麻酔は腰から下の麻酔でした。ぼーっとしてはいますが、意識はあります。がんがん、こんこんと骨を削っているような音も聞こえました。整形外科の手術って、工事みたいだなと思ったり。

その日は、痛みでろくに眠れませんでした。看護師さんに座薬をもらっても、じきにまた痛み出して。今ほど痛みにたいしてケアされてなかった感じです。ま、20年前の話ですから。

翌日から軽いリハビリが開始されました。並行棒の間に立つ練習。初日は荷重はかけなかったとおもます。立ち上がると、手術の跡が痛いのなんのって。半泣きでした。おまけに、麻酔の際に頭を動かしてはいけなかったのを動かしてしまったからか、頭痛がきつくてたまりませんでした。寝ている間は痛まないのに、起き上がるとガンガンきます。これが結構つらかったです。看護師さんが術前に説明してくれなかったみたいですね。その看護師さんは他の病棟に移動していました。

抜糸まで1週間。主治医は「もう退院できるけど」と言ってくれましたが、とても毎日リハビリに通えるような環境ではなく「松葉杖なしに歩けるまで入院しましょう」と、結局約1ヶ月入院しました。退院時には、かかとがおしりにつくくらい、足が曲がるまでになってました。もちろん、リハビリの先生と必死のリハビリの成果。足首に重りをつけて、椅子に座って足を曲げ伸ばしするリハビリも、コツコツやりました。松葉杖なくても、なんとかあるけるなって感じでした。脱臼する感じは全く消えていました。すばらしい! 

ポチッとお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ ひざ痛・足首痛へ
にほんブログ村

jasumine3939 at 17:11|PermalinkComments(0)変形性膝関節症 

2015年02月13日

膝蓋骨脱臼

「膝蓋骨脱臼」ということで3回膝のお皿がはずれて、どうも半月板も痛めているとのことで手術をすることになりました。大阪市内のとある総合病院。あとで知ったのですが、整形外科ではわりと有名な病院だったみたいです。でも、先生は若い先生。この先生を狙っていったわけでもなく、たまたま担当になっていただいたんです。病院や、先生を選んでいくなんて考えは、この頃には全くありませんでした。今みたいに、ネットでなんでも調べられる環境でもなかったし。

「脛骨粗面内方移行術」という名前の手術だったみたいです。この名前は、最近になってネットで調べて知りました。先生からは「お皿の下についている筋を、骨と一緒に内側に移動させて金属で固定します。そうすると、お皿が外側へ外れようとするのを防げますからね」と説明を受けました。

なんだか、痛そうな手術だな。


  ポチッとお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ ひざ痛・足首痛へ
にほんブログ村

jasumine3939 at 11:39|PermalinkComments(0)変形性膝関節症 
ギャラリー
  • こんな本を買いました!
  • 久しぶりの通院です。
  • ポケモンGO…
  • バリ島に来ていますf^_^;)
  • バリ島に来ていますf^_^;)
  • 内側広筋
  • 三連休の病院はヒマです。
  • 三連休の病院はヒマです。
  • 三連休の病院はヒマです。