2015年02月26日

総合病院を受診しました。

痛みがましになったと思ったのも束の間。やっぱり痛みが再発してきます。様子をみるだけの近所の開業医の先生は、どうもリウマチが専門らしく、違う病院にかかったほうがいいかなと考えました。

今住んでいるところの近くには、総合病院がたくさんあります。人口も多く、交通の便もいいからでしょうか。でも、ここに引っ越してから5年くらいしか経っていない新参者のわたしには、どこの病院がいいかわかりません。いろいろ調べてみると「スポーツ 整形外科」で有名な病院を見つけました。ここは初診は午前中しかないので、仕事を休んで受診しました。

初診だからいきなりスポーツ整形の専門の先生にはあたらないみたいです。紹介状もないので当たり前ですね。若い研修医くらいの先生に診察をしてもらい「とりあえずMRIをとりましょう」とのことでMRIの予約をとりました。また、会社休まなきゃならないなあ。

改めてMRI。その後に診察。その診察は、先日の先生とはまた違った人でした。やっぱり研修医くらいの若い先生。

この先生が「なんの仕事してるの?銀行の外回り?ちゃんとした仕事してるんですね」などとコメント…。意味不明。

「膝の状態があまり良くなくて、半月板の内視鏡での手術とリハビリが必要かもしれません、ちょっとあなたの家からはここは遠いから、入院してリハビリしたほうがいいのかな」などと話が進んで。わたしは、本当は外側の膝が痛かったんですが、なぜかその時は内側に痛みがありました。そのことを告げるとその先生は「ちょっと待って」と席を離れて(多分他の先生に聞きに行ってたのかな)「内側が痛いんなら、問題ないですよ。様子をみましょう」とのこと。

また、様子を見るのか?MRIでは外側に異常があったのに、痛いのは内側だってわたしが言ったからそういうことになったんでしょうね。うーん、どうなんだろう。なんだか納得できかねましたが、そう言われたら帰るしかありませんでした。なんで、内側が痛かったのかもわからないまま。ちなみに、とっても余談ですが、その若い先生の社会の窓が開いてたのがずっときになってます…。

そして、また、様子をみました。これが、2013年7月くらいのこと。ちょっと痛みがましかなと思ってきたところ、また年末には歩くのがつらいくらいになりました。 

ポチッとお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ ひざ痛・足首痛へ
にほんブログ村

jasumine3939 at 15:04|PermalinkComments(0)変形性膝関節症 

2015年02月25日

膝が痛い!

仕事がら、お客さんのおうちにいって、座敷に座ることがよくありました。(金融機関の営業です)
座敷なもので、基本正座なんですが「すみません、膝がよくないもので」といって軽く崩させてもらって座っていました。それでもある日、どうしようもなく痛くなって、座っているのがどれだけ苦痛だったか。

わたしは家では基本「とんび座り」ともいわれている座り方をしてました。小さい頃からそうでした。これが、膝がX脚になる原因のひとつだったかも。うーん、もとがX脚だったから「とんび座り」が楽だったのかな。どっちかわかりませんが。

なので、正座はすごく苦痛。斜めに崩して座るのも苦痛。膝が痛いって感じ始めた頃から、10分ほど歩くと膝がかなり痛くなったり、違和感があったり。膝をちょっと斜めに曲げたりすると、ひっかかってコキッと嫌な音がしたり。

近所の整形外科に行きました。仕事してたら、平日の午前中の診察なんかなかなかいけないし、夜開いてる近所の整形外科が手っ取り早い…。

レントゲンをとって、膝蓋骨脱臼の話をして。その開業医の先生は膝蓋骨脱臼の手術のことはわりと知っておられて「でも、お皿は安定しているね」とおっしゃってました。総合病院でMRIも撮りました。結果「膝の半月板が変形しているね。骨棘もあるし。でもね、下手に手術するとさらに痛くなることもあるからね。どうしようもないね。様子をみましょうか」とのことで。

様子を見ている間、特に何をするわけでもなく、ほんと、様子を見てました。2,3ヶ月経つと、これが少し痛みがマシになったんですね。なんだ、一時的なものだったのかなと思ったりしました。 

ポチッとお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ ひざ痛・足首痛へ
にほんブログ村

jasumine3939 at 10:07|PermalinkComments(0)変形性膝関節症 

2015年02月23日

退院してから。

そういえば手術の後に主治医が「膝の軟骨がずいぶん傷ついていたから、年をとったら膝が必ずいたくなるよ。覚悟しておいて」と言っていたなあ。年をとったらって、いくつくらいのことなんかな、まあそんなに長生きするとも限らないし、なんてさらっと流していました。

走ることもできるようになり、スキーにも行ってみて、もう普通な感じで。

手術後20年くらいは、がんがん膝を使っていました。ジムで走る、エアロビクスする、ダンベル持ち上げる、ヨガとかピラティスしたり。運動を始めた頃は、やっぱり手術した膝が痛かったけど、鍛えているうちに痛くなくなったように思います。調子にのって、またがんがん使ってました。

仕事は主に外回りの営業。歩くわなあ。あと、障がい児の介助をする仕事もしました。子どもを床からヨイショと持ち上げたりして。まあ、酷使していたといっても過言ではないか。

そして、少しずつまた、膝が痛くなってきたのでした。とほほ。

  ポチッとお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ ひざ痛・足首痛へ
にほんブログ村

jasumine3939 at 17:23|PermalinkComments(0)変形性膝関節症 
ギャラリー
  • こんな本を買いました!
  • 久しぶりの通院です。
  • ポケモンGO…
  • バリ島に来ていますf^_^;)
  • バリ島に来ていますf^_^;)
  • 内側広筋
  • 三連休の病院はヒマです。
  • 三連休の病院はヒマです。
  • 三連休の病院はヒマです。