2015年07月19日

手術終わりました!

せっかく準備していたWi-Fiが、あっというまに速度制限にひっかかって、やっと新しいWi-Fiをゲットして、久しぶりの更新です。

手術はとっても無事に終了しました。「大腿骨遠位骨切り術」と「関節鏡」。わたしの右膝の外側は 軟骨もはがれていた状態でした。そこへドリリングしてもらい(骨に小さく、複数箇所穴を開けます)あたらしい軟骨の再生を促します。先生によるとだいたい6ヶ月までにはあたらしい軟骨ができるそうです。うれしい!

骨切り術はこんな感じにできあがっています。傷口は、ずいぶん小さくて、どうやってプレートをいれたり骨を切ったのか、なぞですね。

痛みはびっくりするほどありません。なにやらあたらしい痛み止めを使ったようですが、ステロイド系なのかな?詳しくはわかりません。

手術をした右足はだいだい2週間くらいは荷重ができません。よって、車椅子生活です。だいぶ運転が上手くなりました(笑)

日常生活は、左足をささえにがんばっています。手術の3日後からは、シャワーにも入っています。そのせいか、左足が辛い!

夜になるといわゆる「むずむず脚症候群」ではないかと思うような感じで、左足がだるいような、痛いような、なんともいえない感じがして、寝れても1時間で目が覚めて、そのあとしばらく眠れない、睡眠時間は4時間くらいという日が手術の3日後から続いています。主治医に話をすると「リリカ」を処方してもらい、最近はずいぶんましに眠れるようになりました。おもわないところに手術の影響が出ます。左足の膝も決して健康ではないのでいろいろあります。

リハビリは筋トレです(笑)脚をつかない期間が長いので、筋力がおちないようにがんばります。


  ポチッとお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ ひざ痛・足首痛へ
にほんブログ村

jasumine3939 at 11:16|PermalinkComments(0)

2015年07月09日

今日から入院します。

ずいぶん長いあいだこの日を待っていたにしては、なんだか乗り気しない入院。

きのうは寝れませんでした。

さらに、なんとなく風邪気味。やだなあ。全身麻酔で風邪ひいてちゃまずいんじゃなかったっけ。

とにかく、入院初日をこなしてブログ書いてます。今回の入院はちゃんとWi-Fi手配して(レンタルしました)、パソコンも持ち込んで万全の体制。ネット環境て大事です。

明日が手術なので、けっこういろんなことがあり忙しかったです。

薬剤師さんの訪問。今飲んでいる薬の確認。手術後に飲む薬の説明。

看護師さんの訪問。お世話になります。

麻酔科の先生の訪問。「麻酔のときにどんなくだを喉にいれるか、あす手術のまえにお見せしますね」と、親切に説明してもらいました。ちょっと風邪気味なことを伝えると「からだがずいぶんしんどかったりしたら看護師さんに伝えてください。延期も考えなきゃならないので」え、延期。でもわたしとしては軽い、ほんとに軽い風邪なので大丈夫だと思いますってか、大丈夫だと言ってください。

主治医の訪問。「風邪?がんばって治してください!(笑)(笑)(笑)}マジックで明日手術するあしにいろいろ印をつけて帰られました。元気だなあ、今日は一日フルで手術って言っていたのに。 でも、元気もらいました!

リハビリの診察。すごく詳しくはなしを聞いてくれました。そのあと、リハビリ。足の筋力を測ったり、歩き方を見てもらったり、松葉杖の使い方をおさらいしたり。すごく頼りになる先生です、こちらも!

全体的に、さすが大学病院って感じで、いろいろと専門的に詳しく丁寧にやってもらっています。あ、ごはんもおいしい!残念ながらわたしは糖尿病食ですが、それでも美味しいです。ご飯の味もいいし。これがいちばん嬉しいかも。 

手術前の下剤や浣腸はここの病院ではないらしいです。へえ。

とにかく明日は手術。ここは先生を信頼して。

今夜、寝られるかなあ。 

ポチッとお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ ひざ痛・足首痛へ
にほんブログ村

jasumine3939 at 20:30|PermalinkComments(0)変形性膝関節症 

2015年06月17日

手術前検査に行きました。

6月15日、手術を受けるに当たっての検査を受けに大学病院へ。

すごくたくさんの検査がありますね。

まずは血液検査。小さな容器に10本も取りました。あと、血がどのくらいで止まるかのテスト。耳たぶを切って、どのくらいで血が止まるかを調べます。採血してくれた方が、耳たぶをさくっと切ります汗 わたしは、4分くらいで止まり、わりと標準らしいです。

それから、肺活量。わたしいつもなんですが、4800あります。わりと、自慢です。

心電図、下肢に血栓があるかどうか調べるエコー。胸のレントゲン。

それから、麻酔科にいきます。わたしの前のおじいさんが10分くらい話をされていたので、ずいぶん丁寧に麻酔のはなしをされるんだなあと思いましたが、わたしは3分で終わりました笑

あと、わたしは血糖値が高く、5年ほど前から糖尿病と診断され、薬も少し飲んでいるので内科の受信もします。手術とかのストレスがかかると、健康な人でも急に血糖値が上がって危険なことがあるそうなので、注意が必要です。食後2時間で、血糖値が127、ヘモグロビンA1Cが7.0。先生は「よくコントロールできているので、手術は大丈夫ですよ。手術前に入院して、血糖値をコントロールするようなことも、必要ないでしょう」といっていただきました。一安心です。

そして、やっと本家の整形外科の受診です。ちょっとほっとして、おうちにかえってきたような感覚。いつもの受付の人、いつもの先生。 

「血糖値、やっぱりちょっと高いみたいですけど笑 ほかは異常がないですし、手術予定通り大丈夫ですね」とのことで、改めて手術の説明を。

大体の人は膝の内側が変形するO脚なので「高位脛骨骨きり術」という方法で手術します。脛の骨に内側から切込をいれて、人工骨をいれて膝の角度を変えて、プレートで固定する手術です。わたしの場合はX脚なので「大腿骨遠位骨切り術」というのになります。太ももの骨を内側からきってくさびにするらしいです。この方法では人工骨は使わないそうです。そして、角度とかねじれを補正してプレートで固定するそうです。

理屈では理解できても、実際これが自分の脚で起こるとなると、なんだかなあって感じです。

手術のあと、3週間は足に体重をかけられません。「高位脛骨骨きり術」のほうは、もっと早く回復します。大変な、手術だなあ。でも、これで、いまの膝の痛みから解放されるのであれば、がまんしようと思います。がんばって、乗り切ります。リハビリもがんばります。

膝蓋骨が不安定なのですが、わたしにはそのことに不安感がないので、膝の痛みをなくすことを一番に手術をしてもらいます。

病院では、いっぱい書類をもらって帰りました。8時半に病院について、解放されたのは4時でした…。

手術まで、あと、3週間とちょっと。 

ポチッとお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ ひざ痛・足首痛へ
にほんブログ村

jasumine3939 at 13:19|PermalinkComments(0)変形性膝関節症 
ギャラリー
  • 軟骨の再生。
  • 軟骨の再生。
  • ちょっと、閲覧注意かも(;^_^A術後5日目です。
  • ちょっと、閲覧注意かも(;^_^A術後5日目です。
  • ちょっと、閲覧注意かも(;^_^A術後5日目です。
  • ちょっと、閲覧注意かも(;^_^A術後5日目です。
  • 術後2日目。
  • 術後2日目。
  • 兵庫医科大学病院、三度目の入院です( ´∀` )